結婚式のタキシードはオーダー?レンタル?購入がオススメな4つの理由

突然ですが結婚式で着るタキシードってたった1日しか着ないのにかなり高くないですか?

ゼクシイの調査によると、首都圏の新郎のタキシードレンタル料金の平均金額は13.1万円というデータも。

私も自分の結婚式の際には試着をしてレンタルの説明も受けましたが、仕事柄MENSのデザイナーをしている事もあり、

YUJI

なんでフォーマルスーツを1日借りるだけでこんなに高いの。。!?

と疑問に思わずにいられませんでした。。

同じ金額を出せば、十分仕立てのいいスーツが作れてしまうからです。

案外知られていませんが、結婚式で新郎の多くが着るタキシードは、人によっては購入した方がコストを抑えられるケースもあります。

そこで今回は通常だとレンタル一択と考えがちな結婚式のタキシードについて、レンタルではなく購入をオススメする理由と、購入した方がメリットのある人の例をご紹介していこうと思います。

記事の中でオーダータキシードを格安で手に入れる方法もご紹介しています。

実はウエディングドレスでも共通する部分がありますので、女性の方も是非ご覧下さい!

目次

そもそも何もしなければレンタルで進んじゃいます

結婚に慣れている人は少ないので、通常だと式場のプランナーの方に一つ一つ教えてもらいながら、自分達で選択をして決めていきます。

その際、特にこちらから何も言わなければ、式場で手配が可能なドレスやタキシードのレンタルの話で進みます。

新郎の場合はなおさらで、恐らく最初からレンタルで見積もりを設定していると思います。

プランナーさん

レンタルせずに持ち込みも可能ですが、その場合は持ち込み料がかかりますよ。

と言われ、

彼女

買ったところで普段着で着れないからレンタルでいいよね

レンタル一択で他の項目の話に進んでいくと思います。

つまりプランナーさん主導で話を進めていくと、

プランナーさん

いや、もし良ければ購入も検討してみて下さい!

あなたの場合は購入した方がお得ですよ!

という提案自体がない事が多いと思います。

こういう提案をしてくれる人が基本的にいないと思いますので、今回はその提案をここでしていきたいと思います!

結婚式のタキシードはレンタルよりも購入がオススメな4つの理由

では実例を交えながら購入をオススメする理由をご紹介していきます!

レンタルよりもコスパが良い場合もある!

実はレンタルでも購入でも価格に大きな差はありません。

レンタルの場合の相場が5~15万円くらい

購入の場合も5万円くらいから手配は可能です。

但し購入の場合は持ち込み費用を払わなければならないケースが多く、持ち込み費用の相場も1万円~10万円くらいと様々です。

つまり購入する場合とレンタルする場合でコストを比較する場合は

【購入の費用+持ち込み料】と【レンタル料】

を比較する必要があります。

では購入した方が結果的に安くなるケースを見てみましょう!

2回以上着る予定があるなら迷わず購入!

購入した衣装を2回以上着る機会がある方は費用面で見ても購入がオススメです。

理由はもちろんレンタル料が都度掛かる為、結果的に購入した方が安くなるからです。

挙式・披露宴以外での着用シーン
  • フォトウエディング・フォトツアー
  • 海外挙式・リゾート婚
  • それぞれの地元での挙式
  • 二次会やお披露目パーティー など

つい【購入の費用+持ち込み料】と【レンタル料】

で比べてしまいがちですが、挙式・披露宴当日だけでなく、前撮りや二次会など式の前後も含めてトータルで費用を考えてみる事をオススメします!

会場の持ち込み料が安い・かからない場合

基本的には購入の場合は持ち込み料がかかる会場が多いですが、中には持ち込み料がかからない会場もあります。

式場のレンタルではなく、自分が着たいウエディングドレスが決まっている新婦さんにもそういった会場は特に人気です。

持ち込み料がかからない、もしくは1~3万円くらいの比較的安い場合には購入の方がコスパがいい事も多いので、会場の持ち込み料は必ず確認しておきましょう。

YUJI

僕は自作のタキシードとウエディングドレスだったので、最初から持ち込み料のかからない式場で探しました!

購入の費用を抑えることでレンタルよりも安く費用を抑える

タキシード購入の費用を抑えることができれば、レンタルする場合よりもコストを抑えられます。

ポイントは2点で<タキシードの購入費用を抑える事><小物の購入費用を抑える事>です。

オーダータキシードを格安で手に入れる方法

タキシードの購入金額を抑えることで、レンタルする場合よりもコストを抑えることが可能です。

でもだからと言って、自分の晴れ舞台で安物のコスプレみたいなタキシードを着用するのは嫌だと思いますし、私も全くオススメしません。

そこで現役MENSアパレルデザイナーで<フォーマルスペシャリスト ブロンズライセンス>を持つ私のオススメは、タキシードを格安でオーダーできるサービスをりようする方法です。

それがこちらのオーダースーツを格安で注文できる「Suit ya」です。

【Suit ya】
オーダースーツをネットで注文|すべて29800円、追加費用なし


こちらはオンラインでオーダースーツを注文できるサービスで、スーツだけでなくタキシードをオーダーすることも可能。

ネット上で生地を選び仕様を選んでいくことでコストをカットし、なんとベスト付でも最安47,960円と破格の値段でオーダータキシードが注文できます。

冒頭でご紹介したタキシードのレンタル料金の平均13.1万円と比べても半額以下。

恐らく持ち込み料を払ってもこちらの方が安く済みそうですよね!?

しかも式の後も手元に残る。

ちなみにイタリアを代表する名門服地メーカーとして人気の「REDA」のwool 100%の生地を選んでもベスト付で最安68,320円です。

REDAのタキシードでこの値段なら、私ならもうこれにします。

(ちなみに普通のスーツもオーダーできますし、その場合はもっと安いです)

素材はレンタル品とは全く異なる上品で高級感のあるウール素材を使用しており、格安とは思えない高級感のある仕上がりになるのが最大の魅力。

レンタルの場合の平均相場が5万円~という事を考えると、レンタルで5万円以上払うのであれば圧倒的にこちらのオーダータキシードをオススメします。

小物を安く購入する方法

タキシードを着用する場合には、その他に下記のようなものを準備する必要があります。

タキシード着用の際に必要な小物
  • ウイングカラーシャツ
  • ポケットチーフ
  • 白いグローブ
  • 蝶ネクタイ
  • サスペンダー
  • アームバンド

これらを普通にレンタルすると1万円以上かかってしまいますので、まとめてセットになっているものを楽天などで買うのがオススメです。

【楽天市場】タキシード 小物 セット

蝶ネクタイ込みで大体7,000円代くらいで売っています。

更にコストを抑えるのであれば、以下の3点は100均などで手配しても大丈夫です。

100均で揃えてOKなもの

  • 白いグローブ
  • サスペンダー
  • アームバンド

白い手袋→持っているだけでつけません。誰も見てません。

サスペンダー、アームバンド→見えません。

ポケットチーフは持っている方もいると思いますので、そちらを使えばあとはシャツと蝶ネクタイのみ手配すれば小物は安く抑えることができます。

借りれるものは友人に借りるのもオススメです!

使い終わったら売却する事で購入費用の回収ができる!

コストを抑えたい場合は意外とここがポイントです!

タキシードは当日のみしか着用せず、その後も必要ない方は売ってしまいましょう!

結婚式のタキシードは意外と高値で売れます。

今後着用しない場合は着用したタキシードを売却できると、

【購入の費用+持ち込み料-売却額】と【レンタル料】

での比較となります。

購入した金額で売れることはほとんどありませんが、少しは購入費用の回収ができ、トータルで見るとレンタルより安い可能性も十分あります。

実際にメルカリでタキシードの販売実績を見てみると、3万円以上で売れているものも結構あります。

販売の確率と単価を上げるコツは、小物も一緒にセットにしてしまうことです!

タキシードを売ってしまうなら小物も要らないですよね?

購入者は改めて小物を手配しなくてよいので購入してくれる可能性が上がり、単価も乗せることができるのでオススメです。

【披露宴の1回のみ着用】【クリーニングをして発送】と記載するのも◎

売却の際は、マナーとして一度クリーニングに出してから販売しましょう。

レンタルの場合は延期やキャンセルで費用がかかる事も

これは現在のコロナ禍の状況ならではですが、レンタルの場合だと式の延期やキャンセルにより、着用していないのに費用が掛かることもあります。

レンタルの際はこの点に関しても式場側によく確認しておくと良いでしょう。

フォトウエディングや二次会パーティーなど何度も着用できる

レンタルよりも購入をオススメする2つ目の理由が、買ってしまえば何度でも着ることが出来るからです!

いやいや、結婚式で着るタキシードなんて挙式と披露宴以外で着ないよ!

と思う人もいると思いますし、確かにそういう考えもあると思います。

でも購入をして何度も着る事ができる、となると色々な選択肢が増えるんです!

例えば

  • フォトウエディングで色々な場所でロケ撮影ができる
  • 海外挙式、リゾート挙式に1着を着回す事ができる
  • 結婚式の二次会や結婚お披露目パーティーを改めて別日で行う事ができる

逆に言うと、上記を予定している・もしくはやってみたい!と思っている人にはレンタルよりも購入が向いている、という事です。

では1つずつ詳しく見て行きましょう!

フォトウエディングが比較的手軽に行える

近年人気のフォトウエディング、個人的にはすごくオススメです。

またコロナ禍で大規模な結婚式が企画しにくい場合、

「せめてフォトウエディングでたくさん写真を残したい!」

という方も多いのではないでしょうか。

結婚は一生に一度の大イベントです。

やっぱり写真で思い出に残したいですよね!

衣装さえ持っていれば知人やココナラなどでカメラマンを手配をして、素敵なフォトツアーが格安で簡単にできちゃうんです。

また、屋外での撮影の際にレンタルの衣装の場合だと汚してしまわないか、傷つけてしまわないか心配になってしまいますよね。

購入した衣装ならばそういった心配もなく、少しくらい汚れても軽い手洗いやクリーニングをすればOK。

汚してしまうと追加で料金を支払わなきゃ、という心配がなくフォトツアーを楽しむことに専念できるんです!

海外挙式やリゾート挙式を予定している・やりたい人

昨今のコロナ禍で難しくなっている部分もありますが、海外挙式やリゾート婚を予定している、もしくはやってみたいという人にも購入はオススメです。

理由は単純に2回以上着る予定があるなら購入する方が安いからです

YUJI

僕も海外挙式でしたので、そもそもレンタルという選択はありませんでした!

海外挙式やリゾート婚の場合、別途地元で披露宴や簡単なお披露目パーティーを行うこともあると思います。

都度レンタルするよりも購入した方がコストも抑えられるので、この場合も購入する方がメリットが大きいです。

二次会やお披露目パーティーでも着用ができる

挙式や披露宴には親しい友人のみの参加で、二次会から参加の友人も多くいるのではないでしょうか。

式場でのレンタル衣装は二次会には持ち出せない場合も多くあります。

そうなると結局また二次会用にレンタルが必要となってしまいます。

披露宴だけでなく二次会も含めた全体のコスパで見ると、購入の方がメリットがある場合も十分あります。

また、挙式・披露宴の後に友人に向けた二次会まで同日で行うのはなかなか大変です。

衣装さえ購入して持っておけば、別日に改めてお披露目パーティーという形で、カジュアルなパーティーを楽しむこともできます。

衣装をレンタルではなく購入するとこのように選択肢が広がり、本当に自分たちの希望に沿った結婚が叶えられるんです!

幅広い選択肢から選ぶ事ができる!

3つ目の理由は選ぶことができる種類の差です。

結婚式を挙げる新郎は体型も様々。

でもレンタルのタキシードは新婦のウエディングドレスに比べサイズもデザインもバリエーションが少なく、どうしてもピッタリのサイズがなかったりデザインが妥協となってしまったりします。

この部分がレンタルタキシードの最大のデメリット。

こちらについても解説していきたいと思います。

レンタルではデザインのバリエーションが限られてしまう

そもそもタキシードというのはある程度デザイン(型)が決まっています。

ただその中でも新郎が自分のオリジナリティを出したいと思えば、色々と選ぶことができるんです。

一番選びやすいのはカラー。

ブラックやネイビーが定番ですが、こなれてオシャレな印象のブラウンベージュ系や、夏の挙式なら清涼感のあるサックスブルーなんかも素敵です。

その他にも

  • ラペルと呼ばれる衿の形状
  • ベストの有無
  • ベストのカラー

など組み合わせによりデザインバリエーションも様々です。

レンタルで用意があるのは定番で一般受けするものが中心となる為、購入の場合はしっかりと自分の好みを反映したタキシードで結婚式に臨むことができるのです。

サイズがぴったりのものがあるとは限らない

こちらもデザイン同様多くの人が着用できるようアジャスターがついていたり、少し大きめの作りになっていることが多いです。

でも例えばスーツもそうですが、本来はしっかりと採寸をして自分にぴったりのサイズの物を着るのが一番かっこいいですよね。

自分の結婚式なので、自分好みのデザインの自分にぴったりサイズのタキシードで祝ってもらうのがいいなと思います。

購入だと好きなデザインやブランドのものを着用することができる

これは実際私が思った事ですが、レンタルのタキシードの見積もりを見ている時に

「この値段を払って1日だけレンタルするなら、手元にも残るしSaint Laurent(サンローラン)のセットアップを買って着た方がいいわー」

と思っていました。

当時ブランドのECサイトでSaint Laurent(サンローラン)のブラックのセットアップが半額程で出ており、本気でそっちを買った方がお得感があると感じたのを覚えています。

そもそも好きなブランドがある人には、このような選択があってもいいなと私は思います。

思い出の衣装を手元に残すことができる

前項でも触れましたが、購入すると結婚式の日だけではなく、自分の物になるので以降いつでも着用できるのも大きな魅力です。

そもそも1回の着用で数万円はとても高額

結婚式にかかる費用は全体的に高額になりがちなので、あまり深く考えずに

まぁそんなもんなのかなー。。

と思てしまいますが、普通に考えると1回着用して数万円ってかなり高額ですよね!?

素材にすごくこだわって作っているとかならまだ分かりますが、基本的にレンタルのタキシードは何度も着用ができるよう、耐久性に優れた合成繊維(ポリエステル素材)がメインで作られていることが多いです。

購入の場合であればレンタル料と同じくらいのコストで、しっかりとした上品なウール素材で仕立てることも可能。

そう考えると余計にレンタルで数万円支払うのはもったいなく感じてしまします。。

参列する結婚式や会社のパーティーなどで何度も着ることができる

自分用に仕立てたタキシードであれば結婚式の思い出のアイテムとして手元に残しておけるのも嬉しいポイントですよね。

また、1着持っていると会社の少し格式のあるパーティーや、参列者として参加する結婚式・二次会でも着用が可能。

フォーマルになりすぎるのが気になるようであれば、インナーのシャツやベスト・蝶ネクタイで調整してあげると、比較的着用する機会も増えてきます。

例えば毎年結婚記念日には仕立てたタキシードを着て少し高級なディナーに行く、なんて言うのも素敵だと思います。

(体型の維持にもなりますね!)

作り替える(リメイクする)ことでスーツとして残すことも可能

タキシードよりももう少し普段着として着たい!、という方にはスーツにリメイクして着用することも可能です。

リメイクする場合は身頃に使った生地が必要になりますので、オーダーの際にその旨を伝えておく必要があります。

結婚式後にスーツへのリメイクを考えている場合は、オーダーの際に相談をしてみましょう。

タキシードを購入するデメリット

タキシードをレンタルではなく購入する場合のデメリットも合わせてご紹介致します。

デメリットも把握したうえで購入とレンタルのどちらが自分に向いているか検討してみましょう。

1回しか着用しないのであれば割高な事がある

挙式・披露宴だけの着用でしたらレンタルの方が安いケースも多いです。

また、新婦がウエディングドレスをレンタルすると合わせてレンタル料が安くなるプランがあるところもあります。

しかしこちらも、【安く手配して披露宴が終わったら売却する】ことで解決は可能です

衣装を持ち込む必要がある

式場でのレンタル品ではなく購入したものを着用する場合は、手元に届いた後は式の前まで自分でしっかりと管理をしなければなりません。

また前もって衣装を会場に配送するか、前日や当日に自らタキシードを会場に持ち込まなければいけない点がやや手間になってしまいます。

結婚式のタキシードはレンタルではなく購入をオススメする理由のまとめ

新郎が結婚式で着用するタキシードは、レンタルよりも購入をオススメする主な理由は以下の通りです。

  • レンタルよりも安く手配する事ができる
  • 何度も着用できるのでフォトウエディングなどが気軽にできる
  • 自分にぴったりのサイズ・好きなデザインで式を迎えられる
  • とっておきの1着として手元に残しておくことができる

お得に購入してレンタルする場合よりもコストを抑えるポイントはこちら。

コストを抑えるポイント
  • 持ち込み料が安い、かからない式場を選ぶ
  • 格安でオーダータキシードを購入できるサービスを利用する
  • 式の後は必要ないのであれば、フリマサイトやオークションサイトで売却する

結婚式ではみんなが新郎新婦をお祝いしてくれる大注目の1日となります。

写真もたくさん撮って思い出にも残りますので、自分の納得のいく衣装で迎えたいものです。

「この日の為に自分用にオーダーしたタキシード」を着ると、一段と背筋の伸びる思いがするのではないでしょうか。

新郎新婦2人で相談しながら、自分達にふさわしい1着を探してみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる